てんかん患者とテグレトールの効果について

テグレトールはてんかん患者の治療に広く用いられている薬です。特に側頭葉てんかんに効果が高い薬として認識されています。側頭葉てんかんは全身が動かなくなるといったてんかんの代表的な症状のほかに、無意味な言葉を口走ったり、口をもぐもぐさせたり、意識がもうろうとしたまま動き回るなど無意識のうちに行動してしまう自動症が現れるのが特徴です。また認知障害や言語障害、記憶障害、デジャブなどの精神症状、悪心や発汗、動悸など自律神経にかかわる症状などが現れることもあります。
テグレトールの特徴は興奮作用を抑える効果が高いことにあります。そのためてんかんだけでなく躁うつ病の治療にも利用されています。てんかんを根本から解決できる薬ではありませんが、発作の抑制には効果を期待することができます。発作がいつ起きるかわからないと苦しんでいる患者にとっては非常に有効な薬といえるでしょう。
ただしテグレトールは眠気や頭痛、倦怠感といった副作用を伴うことがあります。このような症状があまりにひどい場合は、医師に相談するなどして薬の量を調節するといった対策をとることが必要でしょう。また飲み合わせを避けたほうがいい薬や食品にも注意しなければいけません。特にグレープフルーツはテグレトールとの相性が非常に悪く、副作用も起きやすくなりますので、薬の服用中はグレープフルーツの摂取を避けたほうが無難です。
なお最近は医療機関だけでなく、インターネットを通じてテグレトールを購入することも可能です。インターネットなら空いた時間にいつでも購入できるので、テグレトールを常備薬にしたい人には適しているでしょう。ただし用法や用量はしっかりと守らなければいけません。

ページの先頭へ戻る